ニーズが高まっている|行政書士は通信講座でも知識が学べる|キャリアアップに役立つ資格

行政書士は通信講座でも知識が学べる|キャリアアップに役立つ資格

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニーズが高まっている

男性と子供

近年、子どもを保育園に預ける親も多くなっているため、保育士の需要は高まっています。政策面でも、待機児童ゼロを目指しているので、保育士は緊急性をもって求められています。保育士になるためには、保育士資格という国家資格を有していることが条件になります。保育士資格を得るためには、厚生労働省が指定する学校を卒業するか、国家試験に合格する必要があります。ただ、保育士の国家試験は合格率が1割から2割と合格が難しい試験になっています。高校生であれば、保育の学科がある厚生労働省が指定する学校に入学するとよいでしょう。専門学校や短大であれば2年で卒業できますし、より高度な知識を得たいならば4年制の大学を選びます。

社会人であっても、働きながら学べる専門学校も多いです。保育園と幼稚園では資格に違いが出るので、幼稚園にも就職したいのであれば、保育士の資格とともに幼稚園教諭の免許状も取得できる学校に通うことが大切です。ただ、現在保育園と幼稚園の一元化が進められてもいるので、最新の情報に注意しておきます。保育士は子どもに対しての知識を持っていると同時に、子どもの相手ができるような体力を必要とする職業です。実際に保育士として就職しても、肉体疲労のために離職していく人も多いです。勉学と同時に体力アップにも気を付けておく必要があります。保育士は、従来は主に女性が就くものでしたが、近年では男性も多くなっています。子どもの相手以外にも力仕事が求められるので、男性は重宝される傾向にあります。